教育・社会人向けサービス

 

技術だけではない
感性とメンタルパワー向上を目指す(対話型)
資格だけではない
現役コーチが一人一人ビジネスモデルをコーチング。
ハッピーの源は何
知らせざる「自己発見」
本音が言える。
使えるコミュニケーション力が身につく。
頭が硬くならない
「発想力」で相手のやる気とパワーを引き出す。
「キャリアコーチ養成講座」では様々な学び方があります。
個人的な自己発見、自分自身の生き方設計はもちろんのことですが、カウンセラー、教師、採用人事、管理職など・・・・
すでに専門職にある方には、「4つのCとスピリチアルマインド」の視点が最大の力になることと思います。
・キャリアコーチとは~コーチの使命とは?
・コーチとしてのやりがいとビジネス魅力は?
・キャリアコーチが目指す価値ある3つのテーマ
・キャリアコーチが持つ価値ある5つの質問
・興味・能力・価値観・経験(シート記入)
(シート作成とペアワーク)
・鏡に映し出される自己を知る(ペアワーク)
・ 4L(仕事・学習・余暇・愛)バランス分析
・自己の中のキャリアコーチ5つの資質分析
・性格特性と職場環境(適性心理テスト)
(準備と作成)
・先天的資源・環境・学習の与える影響
・発達段階におけるライフロール(役割)
・自己のキャリアデザイン(シート作成)
・キャリアデザインのプレセンテーション
(トレーニング)
・キャリアデザイン発表者へのコメント
・プレゼンテーションの基礎トレーニング
・コメントの基礎トレーニング
・傾聴の意義と姿勢
(ロールプレイング)
・傾聴の基本スキルとロールプレイング
・質問の意義と姿勢
・質問の基本スキルとロールプレイング
・ゴール設定とタイムマネジメント
(コーチングの実践)
・ゴールまでのコーチングプロセス
・コーチング(アプローチ~ゴール設定)
・コーチング(ゴールデザインシートの作成)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会環境の変化を知る
教育者に求められる役割
問題発見と解決の技法
問題解決能力チェック

リーダーシップ諸理論
カウンセリングとコーチング
教授法(C.C,教授法ほか)
リーダー度チェック

学習(職務)満足に関する理論
クラス(チーム)づくりの成功の法則
ビジョン共有と協働
クラス(チーム)活性度チェック

問題意識の持ち方と育成方法
長期的戦略と発想力の鍛え方
自己改革の考え方
行動計画の作成
研修の全体振り返り

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新日:

Copyright© 総合教育社アシスト株式会社 , 2017 AllRights Reserved.