人材育成事例 〜 T社 H.Oさん

キャリアモデル紹介

全社教育担当へキャリアアップ

T社 H.Oさんのケース 入社13年目
管理部人事課(教育・新卒担当)マネージャー

H.Oさんは現在、T社にて人材教育担当マネージャーを任されています。

入社後4年目に店長に任命され約4年間店長職を務めたあと8年目に彼女の最初の転機が訪れました。

「店舗巡回を通じてスタッフのサポート・VMD指導」を行なうT社では前例がない「ショップコーディネーター職」を任されたのです。

知識・経験共に現場で培ったものに加え「ファッションに関する基礎知識を学び直したい」という思いで、週1回半年間のスクール通いをしながら役割をこなすという、全スタッフのお手本にふさわしい努力家のH.Oさん。

そんな彼女に二度目の転機が訪れたのは、アシスト社小路文子との出会いでした。

かねてからのT社社長のビジョンである「お客様に支持されるスタッフ作り」に様々なアドバイスと支援を行っていたアシストは、類稀なH.Oさんの「CSマインド」に着目します。

「教育担当者はとても大変な役割です。精神的も技術的にも厳しい過程が予測される教育部門立ち上げの適任は確固としたCSマインドを持っている彼女しかいない。

H.Oさんを教育担当者として一人立ちできるように支援したい」と社長に提案。

そして昨年9月、教育部門立ち上げに際して「教育チームのリーダー」に抜擢。

各種社内研修を他3名のスタッフとのチームでスタートさせました。

まさに社内のキャリアモデルとして大活躍中です。

H.Oさんのコメント

現在、アシスト小路先生の監修のもと、新入社員・中堅クラス・店長クラスへ向けた研修プラン作りに頭を悩ませながらもチームで一丸となって取り組んでいます。
目標はプロ販売員として「おもてなしの心」を常に持てる人材育成です。
チームの強みは、仕事の大半を現場で学んできたことによる実体験を通じての話が出来ること。
今後も日々指導者として・現場に立つ一スタッフとして学ぶ姿勢を持ち続けることが大切と考えています。
そして常に「お客様から感謝される」「スタッフから感謝される」人でありたいと考えています。
その為に、自分が今ここにいる意味を目的を持って行動すること、進化し続けることが課題であり、自分のやりがいであると感じています。
正直立ち上げの直後は苦しいことも多く、本当にできるのか不安を感じました。
しかし進めなくなるたびに、先生に厳しく暖かいサポートを頂きました。そのおかげで、ここまで乗り越えてこられたと思います。
新しいやりがいや教育への深い興味を持てたことで今、仕事が更に楽しく感じています。
会社のバックアップと先生との出会いにとても感謝しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新日:

Copyright© 総合教育社アシスト株式会社 , 2017 AllRights Reserved.