人材育成事例 〜 K社 K.Mさん

キャリアモデル紹介

販売員からコーディネーターへ

K社 K.Mさんのケース 入社6年目
店舗巡廻コーディネーター

K.Mさんはこの春、一つのショップのスタッフから全店巡廻コーディネーターに抜擢されました。

入社後すぐに店長に任命され約4年間店長職を務めましたが、体調等の理由で、残念ながらこの1年は後輩に店長職を譲り、一スタッフとしてがんばっていたとき、アシストの小路文子と出会います。

折も折り、同ブランドの新店舗も相次いでオープンしていたのですが、なかなか軌道に乗らず、営業マネージャーと共に頭を悩ませていたアシストは、K.Mさんの類稀なコーディネイトセンスに着目します。

「とても個性的でおしゃれな感覚を持つK.Mさんの力を1店舗で埋もれさせるのはもったいない。店長というマネジメント職はK.Mさんの真価を発揮できるポジションではなかった。彼女の天職はコーディネーターだ」と感じ、K社に巡廻コーディネーターという役職を新しく作っていただけるよう提案しました。

そして結果は・・・

新店舗は大幅に売り上げアップし、大成功でした!

既存店も堅調に数字を伸ばし結果として全体に大きく貢献することができました。一人の人材のやりがいと会社の利益発展が一致したすばらしい例です。

K.Mさんのコメント

店長職を辞退した頃、正直言って気持ちもあまり前向きになれていませんでした。
しかし今は、いろんな店舗に日替わりで入店し、ディスプレイや接客を行うことでとても自分の視野が広がりました。
また新しい気持ちでとてもがんばれています。数字にも貢献できうれしく思っています。
正直、自分のこの年齢になって違った視点から仕事をさせていただけるとは思ってもいませんでした。
今後も「ショップコーディネーター」という肩書きに負けないよう勉強あるのみです。
自分の強みをうまく生かしていただいた会社と小路先生に大変感謝しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新日:

Copyright© 総合教育社アシスト株式会社 , 2017 AllRights Reserved.