コンサルティング事例2

配置転換→定着率が3.0倍に+組織の安定化

店舗:人が定着しないため売上UPが実現しにくくなり、退店勧告を示唆されていた駅テナントのベーカリーショップ。
当初の現状:業態は店内製造及び販売で人員は社員1名アルバイト15名が3カ月サイクルで辞め定着率は25%。

成功のコンサルティングフロー

面談とカウンセリングで組織リーダーとの面談で「働く意欲創出」のためにリーダーの配置転換と休日確保が優先課題と特定。

「人事評価」と「将来のキャリア」を設計するしくみを構築。

【人材定着の施策】
1スタッフへのカウンセリング→女性リーダー制の導入でスタッフ教育を継続する仕組みづくり。

【人材定着の施策2】 笑顔や接客の社内コンテストを実施。表彰を行いモチベーションキープ。

6ヶ月後以降の短期退職者は出ず、定着率が25%から70%へUP。予算比120%へ。新店長と女性リーダーのレベルアップで売場が活性化し、デベからの評価も上がり中核テナントとして継続決定した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新日:

Copyright© 総合教育社アシスト株式会社 , 2017 AllRights Reserved.